くらし情報『きゅうり、なすは2倍……野菜価格高騰は8月に入っても続く』

2019年7月24日 06:00

きゅうり、なすは2倍……野菜価格高騰は8月に入っても続く

農林水産省の生産局園芸作物課の担当者はこう語る。

「現在、値上がりしているきゅうりやなすは、日照不足の影響を大きく受けやすい品目です。東京中央卸売市場の平均卸売価格でいうと、7月13日の時点で、きゅうりが平年の7割、なすは3~4割、値上がりしました」

それから5日ほどで、なすの小売り価格は平年の2倍近くに値上がりした。野菜高騰のペースはそれほどまでに早いのだ。

前出・秋葉社長は、日照不足の影響によって、お盆以降は野菜に限らず、すいか、桃、梨、ぶどうといった果物なども値上がりする可能性を危惧している。

「すでに品不足、品質低下といったさまざまな問題が出ています。これから天候がよくなったとしても、野菜が生育するには時間がかかります。8月に入ってからもしばらく野菜価格の高騰は続くでしょうね」(秋葉社長)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.