くらし情報『太陽光パネルは設置無料の“レンタル”より自腹がお得なことも』

2019年9月27日 15:50

太陽光パネルは設置無料の“レンタル”より自腹がお得なことも

太陽光パネルは設置無料の“レンタル”より自腹がお得なことも


太陽光パネルを無料で設置できる「第三者所有モデル」が注目されている。第三者所有モデルとは、事業者が個人宅に無料で太陽光パネルを設置。個人は10年間、その電力を購入し、10年たったら無償でパネルを譲り受けるという仕組みだ。一見、お得に感じる第三者所有モデルを、経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説してくれた――。

■設置から10年間は保守点検や修理などの費用も不要

まず、第三者所有モデルの最大のメリットは、家庭用サイズでも100万~200万円はかかる設置費用が要らないことです。太陽光発電を始めたくても、設置費用がネックだった方には魅力的でしょう。

そのうえ、10年後には無償で自分のものになります。パネルの出力保証は20~25年ですから、保証期間がまだ半分残った状態です。

次のメリットは、設置から10年間は保守点検や修理などの費用も不要なことです。というのも、第三者所有モデルは10年間のレンタル契約といえます。レンタル期間中、太陽光パネルの所有者は事業者ですから、管理費用も事業者負担。個人にはかかりません。

半面、個人の所有となる11年目以降は、消耗も進み、修理も増える時期。そのころから管理費用がかかることも覚えておきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.