くらし情報『雅子さま 大嘗祭に小和田家の両親が…一世一代の儀式見守る』

2019年11月20日 11:00

雅子さま 大嘗祭に小和田家の両親が…一世一代の儀式見守る

「大嘗宮の儀」の前半にあたる『悠紀殿供饌の儀』(大嘗宮・幄舎脇/写真提供:宮内庁)

「大嘗宮の儀」の前半にあたる『悠紀殿供饌の儀』(大嘗宮・幄舎脇/写真提供:宮内庁)



天皇陛下の即位に伴う皇室行事「大嘗祭」の中心的儀式「大嘗宮の儀」は、11月14日の午後6時半ごろに始まった。気温は10度以下まで冷え込み、篝火の薪が燃えるパチパチという音だけが響いていた。張りつめた空気のなかで、儀式は粛々と執り行われた。

「まるで大都会の真ん中に時代を超えた異空間が現れたような感覚にとらわれました。篝火の明かりに神殿に居並ぶ衣冠束帯の人たちの姿が浮かび上がり、きわめて美しい幽玄な世界でした」(参列者)

滞りなく儀式は進み、翌15日の午前3時15分ごろに終了した。雅子さまが皇居正門から車でお出になられたのは午前4時15分ごろだったが、沿道に集まった人々や報道陣にホッとしたような笑顔をお見せになって、お住まいの赤坂御所に戻られた。宮内庁関係者が明かす。

「非常に重要な祭祀を終えられた両陛下は、まず周囲に労いの言葉をかけられていました」

大嘗宮の儀は、新たに即位した天皇が国と国民の安寧と五穀豊穣を祈る一世一代の儀式。大小30以上の建物からなる大嘗宮の中心をなす東の神殿「悠紀殿(ゆきでん)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.