くらし情報『ナイナイ岡村「仕事漬けで馬鹿に」恩師に伝えていた反省の弁』

2020年5月13日 15:50

ナイナイ岡村「仕事漬けで馬鹿に」恩師に伝えていた反省の弁

「何を言っても”言い訳”にしか聞こえない」と反省の弁を……

「何を言っても”言い訳”にしか聞こえない」と反省の弁を……



「炎上しているのを知って、すぐにメールをしました。『あれはあかん。違うんだ。謝罪したほうがいい』と。そうしたら『僕が間違っていました』『絶対に言ってはいけないことでした』『本当に悪いと思っています』など、彼から次々と反省の言葉が返ってきました……」

そう語るのは、吉本興業の新人養成スクール「吉本総合芸能学院(NSC)」で講師をつとめる本多正識氏(63)。ナインティナイン岡村隆史(49)の恩師だ。

4月24日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村は“新型コロナウイルスによって、経済的に困窮した美女が風俗店で働くようになる。それを楽しみに、今は自粛しましょう”という趣旨の発言を行った。そのため、「女性蔑視」「性的搾取」などの批判が殺到する事態となった。

翌週30日の放送回で謝罪した岡村。番組には、相方の矢部浩之(48)も同伴。“公開説教”を行うなど、コンビとして謝罪の対応にあたっていた。その間、本多氏は岡村と何度もメールでやりとりをしていたという。

「世の中が暗いなか、岡村くんには彼なりの考えがあっての発言だったのかもしれませんが……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.