くらし情報『ガン発見で引退のたかね吹々己 宝塚トップからホテルの女将に』

2020年5月25日 11:00

ガン発見で引退のたかね吹々己 宝塚トップからホテルの女将に

ガン発見で引退のたかね吹々己 宝塚トップからホテルの女将に


「いま、マスク作りに凝っているんですよ」 そう言いながら、器用に生地を裁断し、ミシンをかける。瞬く間にフェルトのマスクが完成だ。 「4段のひだ付きで、鼻の部分の癖付けには、植木用のビニールタイを使っています。ファンデーションがついても目立たないように、色はベージュ。10種類くらいできています。次は唇の形を書いて、穴を開け、ストローを入れられるようにしようかな」

より便利な“手作りマスク”のアイデアが次々と湧いてくる。話しながら、元宝塚歌劇団雪組のトップスター・たかね吹々己(ふぶき)さん(54・前名・高嶺ふぶき)は、充実した顔でほほ笑んだ。

そんな彼女は、4月12日、「劇団とっても便利」のミュージカル『美しい人』を最後に、舞台から引退。新天地は、山口県の周防大島。なんと、ホテルの女将(おかみ)さんに転身するという。

「マスクは今後も旅行者に必要ですから、この秋、開業予定のホテルのお土産物にしようかな」

転身のきっかけの一つは、がんに罹ったこと。たかねさんが、がんの告知を受けたのは3月3日のことだった。

「先生からは『細胞診の結果、甲状腺乳頭がんでした』と、明るく言われましたよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.