くらし情報『菅原前大臣 謝罪を考慮し不起訴…検察の判断に疑問相次ぐ』

2020年6月25日 22:32

菅原前大臣 謝罪を考慮し不起訴…検察の判断に疑問相次ぐ

(写真:アフロ)

(写真:アフロ)



自民党の菅原一秀前経済産業大臣(58)が6月25日、不起訴処分となった。秘書が選挙区内で香典などを送ったとして刑事告発されていた菅原議員。ネットではその処分に疑問の声が上がっている。

昨年10月に週刊文春で、自身の秘書に対して給与を事務所に上納するよう要求した疑いがあると報じられた菅原議員。続けてメロンを選挙区内の有権者に贈っていたとの疑惑も。さらに町会の元会長の通夜に公設秘書が参列し、香典を持参していたとの報道もあった。そして同月、経済産業大臣を辞任すると発表した。

「菅原議員は一連の報道に対して『国会で説明する』と話していましたが、その翌日に突如辞表を提出。『私の問題に関して国会が停滞するの本意ではない』などと説明し、その夜のブログには『本日、自らの決断をした』と投稿しました。説明することなく辞任したにも関わらず、まるで英断を下したかのようにつづっていたことから『自己中心的すぎる』との声が。また大臣辞任以降は1ヵ月以上も国会を欠席しましたが、彼には323万円強ものボーナスが満額で支払われています。そのことにも非難の声がいまだ止みません」(全国紙記者)

そんななか菅原議員は今月16日、突然会見を開催。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.