くらし情報『喫煙席、卓上調味料に注意を 感染リスク減らす飲食店利用法』

2020年8月9日 11:00

喫煙席、卓上調味料に注意を 感染リスク減らす飲食店利用法

(写真:共同通信)

(写真:共同通信)



感染者増加とともに、続々と報告される飲食店でのクラスター感染。すでにスポーツバー、ラーメン居酒屋などで感染者が出ている現状下、飲食店利用時に客が注意すべきポイントはどこか。帝京大学大学院公衆衛生学研究科の高橋謙造教授はこう指摘する。

「原則として少人数で、会話は控えめを心がけ、パーティなど、大人数での飲食は避けましょう。お酒が入ると声が大きくなり飛沫が飛びやすくなるのでご注意を。飲食時にも新しい生活様式は不可欠。カラオケ好きな人の場合、どうしても歌うなら、マスクを着けて歌うほうがいいでしょう」

店の卓上などに置いてある調味料にも、注意が必要だ。

「私が勤務する病院の食堂では、調味料だけを給仕する専門の担当者がいるほどです。飲食店でよく置いてある、塩・こしょうなどを入れた金属の容器に直接触ることで、ウイルスが付着すれば、そのままにしていると1日以上は生き残っています。媒介する可能性は十分あるのです。私は飲食店で席に座るときに、自己防衛として触れる部分はそのつど、消毒しています」(高橋教授)

囲われた喫煙席がある店では、また違ったリスクがあるという。

「若い世代だと喫煙者も多いですが、喫煙時は気道粘膜の炎症が起きているので、ウイルスの定着も促進しやすいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.