くらし情報『ランチなら大丈夫は間違い!専門家指摘する政府のミスリード』

2021年1月20日 11:00

ランチなら大丈夫は間違い!専門家指摘する政府のミスリード

20時以降の不要不急の外出を呼びかけていた菅首相だが……(写真:時事通信)

20時以降の不要不急の外出を呼びかけていた菅首相だが……(写真:時事通信)



全国的に猛威をふるう新型コロナウイルス。1月7日には、東京都での新規感染者数が2千447人を記録。1日当たりの新規感染者が2千人を超えたのは、初めてのことだった。また14日には全国の重症者数が934人を記録するなど、事態は悪化の一途をたどっている。

そんななか、特に専門家が危険視しているのはランチだ。帝京大学大学院公衆衛生学研究科の高橋謙造教授が語る。

「これまで、政府は“夜の会食”の危険性ばかりクローズアップしてきました。しかしそのせいで、逆に昼間の会食が増えたのではないかと思っています。明らかなミスリードです。

昼間ならお酒を飲む機会も少ないし、気の緩みもないから大丈夫だろうと考えたのかもしれません。しかしどれだけ注意しても、人と接触する機会を増やせばそれだけ感染リスクは上がります。重要なのは、“とにかく集まらないこと”なんです」

実際、政府は14日から緊急事態宣言を11都府県にまで拡大。さらに当初は外出の自粛を20時以降としていたが、「日中も控えるようお願いしたい」と軌道修正し始めた。

元WHO専門委員で医学博士の左門新氏が言う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.