くらし情報『サボテンの心を持つ人へ「孤立から抜け出す方法」(JINSEIのスパイス!第102回)』

2020年12月29日 17:00

サボテンの心を持つ人へ「孤立から抜け出す方法」(JINSEIのスパイス!第102回)

サボテンの心を持つ人へ「孤立から抜け出す方法」(JINSEIのスパイス!第102回)


【今週の悩めるマダム】

孤独です。夫を2年前に亡くして以来ずっと孤独でしたが、コロナで拍車がかかっています。もともと友人も少ないほうで、もう半年以上、まともに人と会っていません。お正月の親戚の集まりもなくなりました。いま私が死んでしまったって、誰も気づいてくれないだろうと思います。(奈良県在住・60代女性)

僕が30歳のときに作った『サボテンの心』という曲。加藤登紀子さんもカバーしてくださいましたし、一緒に歌ったこともあります。少し前のことですが、この歌を久々に歌い直してみて、救われた経験があります。『サボテンの心』の歌詞をちょっと読んでみてください。

砂漠の街で生きてる僕達は/心に棘を生やしているサボテンの心/身を守るために生やした棘のせいで/大切な人達を遠ざけてしまう/星が灯る空を見上げてサボテンは今日もひとり/冷たい月の光に包まれて明日を待ち続けてる/砂漠のサボテン達よ花を咲かせてごらん/きっと誰かがきみに声を掛けてくる

当時の僕は、毎日のように息苦しさを感じて、もがいていたんです。人への不信感がぬぐえず、サボテンのように、心に棘を生やしていた。その棘は鋭く、人を近づけなかったわけです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.