くらし情報『呼び名が議論も…関心高まるスーパークレイジー君の議員活動』

2021年2月8日 19:52

呼び名が議論も…関心高まるスーパークレイジー君の議員活動

(写真:アフロ)

(写真:アフロ)



1月31日投開票の埼玉県・戸田市議会議員選挙に「スーパークレイジー君」の名前で立候補し、初当選を果たした西本誠氏(34)。

これまで金髪に特攻服というインパクトの強い容姿が印象的だったが、各メディアによると2月8日の初登庁では黒髪でスーツ姿に身を包んで本会議に臨んだという。

そんななか注目を集めたのは、“名前の問題”だったようだ。「スーパークレイジー君」の通称で議員登録は認められたが、議会での呼び方に議論が巻き起こったという。

「戸田市議会では通常、名前に『~議員』と付して呼ばれます。スーパークレイジー君をめぐっては、議員間でも議論が交わされました。『クレイジー君』や『スーパー君』など、通称を分割する案も。いっぽう西本氏は選挙活動で、本名をアピールすることはありませんでした。結局、『スーパークレイジー君議員』と呼ばれることに決まったようです」(スポーツ紙記者)

Twitterでは《政治が親しみやすくなるとイイ》《ちゃんと仕事すればいいんじゃね?》と理解を示す声もあるいっぽう、《okなの……?》《駄目だな》など賛否両論のようだ。

昨年7月の都知事選では、「百合子か、俺か」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.