くらし情報『常に一緒だった双子、新型コロナウイルスでほぼ同日に死去』

2021年5月19日 18:10

常に一緒だった双子、新型コロナウイルスでほぼ同日に死去

常に一緒だった双子、新型コロナウイルスでほぼ同日に死去


新型コロナウイルスが猛威をふるっているインドで、24歳の双子の兄弟が揃って命を落とした。The Indian Expressなどが報じている。

インド北部のメーラト市で共に教鞭を執るグレゴリー・レイモンド・ラファエルさんと妻のソジャさんは13日、息子のジョーフレッドさんが亡くなったとの連絡を受けた。ジョーフレッドさんと双子のラルフレッドさんは1日に発熱、新型コロナウイルス陽性であることがわかり入院していた。

その直後、別の病室で治療を受けていたラルフレッドさんがソジャさんに電話をかけてきた。何をするにも一緒だったという双子の兄弟が亡くなってしまったことを隠して会話していると、「ママ、僕に嘘をついているね。何かが起こったはずなのに、なぜ言ってくれないの?」と尋ねてきたという。

「もうその時にはジョーフレッドは亡くなっていましたから、努めて別の話をするようにしていました。デリーの病院に転院することになるかもしれない、なんてことをね。でも、ラルフレッドは本能的に何が起きたのか勘付いていたんです。だから母親に『嘘をついている』と言ったんでしょう」とグレゴリーさんはThe Indian Expressに振り返る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.