くらし情報『バッハ会長は資産400億円「スポーツをカネに換える錬金術」』

2021年7月6日 15:50

バッハ会長は資産400億円「スポーツをカネに換える錬金術」

そして2,900万ユーロ(約38億3,000万円)以上の取引の仲介に成功した場合、その一部が成功報酬として支払われるという契約でした。しかし、この契約以上に物議をかもしたのが、同社が兵器の販売も行っている企業だったこと。平和の祭典である五輪の理念に反するという声がありました」

ほかにも複数の大企業で、監査役や顧問の役職を得た。さらには、ドイツの行政機関での役職や、アラブ・ドイツ商工会議所の会長の座にもついている。

2013年にアルゼンチンのブエノスアイレスで行われたIOC総会で、悲願が叶うことになる。2020年の五輪開催地が東京に選ばれたこの総会で、投票に勝ち抜き新会長に選ばれたのだ。自分の名前が呼ばれ、目を赤くして喜ぶバッハ氏の頬に、40年連れ添った妻のクラウディアさんが祝福のキスをする。おそらく五輪金メダルと並ぶ、人生の絶頂の瞬間だったに違いない。会長就任を後押ししたのは、アジア・オリンピック評議会のシェイク・アハマド会長。クウェートの王族で、巨額のオイルマネーを背景に世界のスポーツ界に強い影響を持つアハマド会長は、スポーツ界とビジネス界の双方におけるパートナーだ。

会長への就任とともに、多くの会社との顧問契約を解消したというバッハ氏。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.