くらし情報『バッハ会長は資産400億円「スポーツをカネに換える錬金術」』

2021年7月6日 15:50

バッハ会長は資産400億円「スポーツをカネに換える錬金術」

2013年、IOC新会長に選ばれ、妻のクラウディアさんから祝福されるバッハ会長。“スポーツ官僚”の最高の地位についた瞬間だった。目には涙が(写真:Alexander Hassenstein /Getty Images)

2013年、IOC新会長に選ばれ、妻のクラウディアさんから祝福されるバッハ会長。“スポーツ官僚”の最高の地位についた瞬間だった。目には涙が(写真:Alexander Hassenstein /Getty Images)



14歳で父を亡くすという不幸に見舞われながらも、フェンシングの西ドイツ代表として、1976年のモントリオール五輪のフルーレ団体で見事金メダルを獲得したトーマス・バッハ氏。現在、IOC会長として”ぼったくり男爵”と呼ばれる彼が、その異名通りの活躍をするのは、“アスリート後”の人生においてだった。

■アディダスで始まった出世街道

20代でアスリートとしての絶頂を迎えたとき、バッハ氏はドイツの名門・ヴュルツブルク大学の学生でもあった。1980年、“アスリート後”の人生を決定づけることがあった。前年のソ連のアフガニスタン侵攻を理由に、モスクワオリンピックを西側諸国がボイコットしたのだ。

「あまりに苦い経験でした。二度と選手に同じ経験をさせたくない」

そう思ったというバッハ氏は“スポーツ官僚”の道を志すことに。1981年、新設されたIOCアスリート委員会の初代委員に選ばれる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.