くらし情報『木下富美子元都議 免許ナシで移動は自転車…大量書籍持ち込みで再起狙う籠城生活』

2021年12月20日 16:00

木下富美子元都議 免許ナシで移動は自転車…大量書籍持ち込みで再起狙う籠城生活

木下富美子元都議 免許ナシで移動は自転車…大量書籍持ち込みで再起狙う籠城生活


「夜も部屋に明かりはついていませんし、人が住んでいる気配は伝わってきません。まぁ、ずっと議員を辞職しないで批判を受けた人だから、人前にも出づらいのかなと思いますが……」

そう語るのは、木下富美子元東京都議会議員(55)の自宅近所の住人。

選挙期間中に無免許運転で事故を起こしていたことが発覚。さらに再三の都議会からの召喚にも応じず、批判を受けたことも記憶に新しい。

「12月19日、議員報酬やボーナスなどを、“女性や子供を支援するNPO法人・団体等”に寄付したことを公表しています」(東京都庁担当記者)

11月22日の辞職会見以降は公の場に姿を見せていない木下元都議。実は在宅時も、明かりが外に漏れないようにしているようだ。そんな彼女を本誌が目撃したのは、辞職から3週間ほど経過した12月中旬のこと。

彼女はいまは車を運転することもできないため、自転車で移動していた。裏道を通り、自宅に戻ってきた彼女は、ずっと人前に出ない生活を続けていたためか、会見のときよりもかなり太って見えた。

リュックサックを背負っており、トートバッグも肩にかけていたが、食料の買い出しにでも行っていたのだろうか?

だが意外なことにトートバッグにぎゅうぎゅうに詰め込まれていたのは大量の書籍!

「木下元都議が“読書家”という話は聞いたことがありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.