くらし情報『泉房穂明石市長 地域政党立ち上げ報道に異論「政党よりも、赤ちゃん抱えたお母さんを当選させたい」』

泉房穂明石市長 地域政党立ち上げ報道に異論「政党よりも、赤ちゃん抱えたお母さんを当選させたい」

インタビューに応じる泉市長

インタビューに応じる泉市長



「政治家引退という言葉を使ったことが、誤解を招いているのかもしれません。政治に関わらない人間になって、ゆっくりするんだろうなと思われてしまったみたいですから。でも、私としてはまったくゆっくりするつもりはない。明石だけでなく、日本の政治を変える役割を果たしていきたいと思っています」

そう語るのは、兵庫県・明石市の泉房穂市長(59)だ。

今年10月、自身への問責決議案について市議会議員らに「賛成したら承知せえへんぞ」「問(次の選挙で)落としてしまうぞ」などと暴言を吐いたと報じられた泉市長。その責任を取る形で来年4月の任期満了にともない政治家引退を表明していたが、11月10日の会見で新たに地域政党を立ち上げるとの報道が浮上。波紋を呼んでいた。

各紙の記事によると23年4月の明石市長選と市議選に向けて公募を行い、候補者を擁立する方針。
会見では「将来的には当然、兵庫県知事選も選挙に入ってくると思います。加えて国政も当然、入ってきます」ともコメントしているとのこと。いっぽうで政治家引退の意向には変わりなく、今後は「心ある政治家をつくっていく」としているという。

泉市長といえば2011年の市長就任以降、18才までの医療費無料、中学の給食無料、おむつ定期便など5つの無料化を打ち出し、子育て支援に尽力した。それが評価され、子育て世代が続々と明石に転居。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.