くらし情報『岡田准一考える俳優像「40代で代表作残せるか」』

岡田准一考える俳優像「40代で代表作残せるか」

2018年3月8日 11:00
 

image


今年、映画『関ヶ原』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞した岡田准一(37)。もはや日本映画界にとって欠かせない俳優の1人といえる存在だが、「役者の世界で30代はまだまだ前哨戦。40代になって、どんな代表作を残せるかで決まる、と先輩方には言われているんです」と話す。

授賞式を前にした2月中旬、昭和の名優・志村喬さん(享年76)の歴史をたどる「志村喬記念館」を訪問した際、岡田は芝居に対する思いを語ってくれていた。

「志村さんの出演作や人となりについて知るようになったのは、かつて(高倉)健さんに『ぜひ志村喬記念館に行って、役者として勉強をしてほしい』と人づてに声をかけてもらったことがきっかけでした。はじめて訪れたのは’13年で、それ以降ここに来ては、お二人に『これからも頑張ります』という約束をしたり、気持ちを引き締めたり……。役者という仕事の原点に立ち戻って、スイッチを入れ直す場所になっています」(岡田・以下同)

志村喬は映画『生きる』に47歳で、高倉健は映画『八甲田山』に46歳で出演、後にそれぞれ自身の代表作となった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.