くらし情報『吉本せいの孫を生んだ笠置シヅ子が「東京ブギウギ」を歌うまで』

2018年3月19日 16:00

吉本せいの孫を生んだ笠置シヅ子が「東京ブギウギ」を歌うまで

image


「ドラマと同様に穎右さんと笠置さんの恋愛も、最初は周囲から反対されていました」

そう語るのは、評伝『ブギの女王・笠置シヅ子』(現代書館)の著者で、ノンフィクション作家の砂古口早苗さん。

吉本せいの生涯をモチーフにした連続テレビ小説『わろてんか』では、主人公・北村てん葵わかな)が、跡取り息子の隼也(成田凌)とつばき(水上京香)の結婚に反対して勘当。駆け落ちした隼也は、母を思いながらも遠く離れた地で、妻子と3人で暮らしているという設定だが、物語のモデルになった「吉本興業」創業者・吉本せいさん(享年60)の次男・穎右さんと、昭和のスター歌手・笠置シヅ子さん(享年70)もつらい決断をしていたーー。

「切ないほどの純愛、2人の人生において、それが“最初で最後の恋”でしたから」(以降、砂古口さんによる解説)

昭和18年6月、笠置さんが名古屋「御園座」で先輩役者の楽屋を訪ねたとき偶然出会ったのが、その当時、早稲田の学生でまだ19歳の“社長見習い”だった穎右さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.