くらし情報『初めての里帰り作品も多数! サントリー美術館『ミネアポリス美術館 日本絵画の名品』 6月2日より再開!』

2021年6月2日 12:00

初めての里帰り作品も多数! サントリー美術館『ミネアポリス美術館 日本絵画の名品』 6月2日より再開!

初めての里帰り作品も多数! サントリー美術館『ミネアポリス美術館 日本絵画の名品』 6月2日より再開!

三畠上龍《舞妓覗き見図》江戸時代、19世紀
初めての里帰り作品も多数! サントリー美術館『ミネアポリス美術館 日本絵画の名品』 6月2日より再開!

三畠上龍《舞妓覗き見図》部分江戸時代、19世紀
三畠上龍《舞妓覗き見図》は、謎が多い対幅の作品。左幅には美しい舞妓、右幅にはまぶたをこじ開けている丁稚姿の少年の図が描かれている。作品の主題はなんなのか、現時点ではわからないが、インパクトが強い作品だ。

そして、第6章の「日本の文人画〈南画〉」、第7章「画壇の革新者たち」、最終章「幕末から近代へ」と続く。とくに第7章の「画壇の革新者たち」は、伊藤若冲や曾我蕭白など近年人気が高い奇想の絵師たちの作品が並んでいる。

伊藤若冲《鶏図押絵貼屛風》は若冲が好んで描いた鶏が並ぶ屏風。筆の濃淡を巧みに使った躍動感あふれる鶏が描かれている。曾我蕭白の《群鶴図屛風》は、若冲とはまた異なるスタイルで鶏を巧みに描いており、両者を見比べると、絵師の特徴をわかりやすく捉えることができる。

初めての里帰り作品も多数! サントリー美術館『ミネアポリス美術館 日本絵画の名品』 6月2日より再開!

伊藤若冲《鶏図押絵貼屛風》江戸時代、18世紀
初めての里帰り作品も多数! サントリー美術館『ミネアポリス美術館 日本絵画の名品』 6月2日より再開!

曾我蕭白《群鶴図屛風》江戸時代、18世紀
本展は室町時代から近代に至るまでの日本絵画の魅力がわかりやすくまとめられている展覧会。豊富なジャンルの日本絵画のなかから、お気に入りの絵師や作品を見つけ出しにいってみよう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.