くらし情報『初めての里帰り作品も多数! サントリー美術館『ミネアポリス美術館 日本絵画の名品』 6月2日より再開!』

2021年6月2日 12:00

初めての里帰り作品も多数! サントリー美術館『ミネアポリス美術館 日本絵画の名品』 6月2日より再開!

狩野山雪《群仙図襖(旧・天祥院客殿襖絵)》江戸時代、正保3年(1646)


上質な日本美術のコレクションで知られるアメリカのミネアポリス美術館の名品がならぶ展覧会『ミネアポリス美術館日本絵画の名品』が、サントリー美術館で6月27日(日)まで開催されている。

ミネアポリス美術館(通称 Mia)は、アメリカ中西部にあるミネソタ州最大の都市・ミネアポリスに1883年に設立された美術館。約9万点のコレクションのうち1割を超える約9500点が日本美術のコレクションだ。本展は室町時代から近世までの日本絵画の流れを、Miaの充実したコレクションでたどっていくもの。また、展示作品の3分の1以上が日本に初めて里帰りするものだそう。

初めての里帰り作品も多数! サントリー美術館『ミネアポリス美術館 日本絵画の名品』 6月2日より再開!

展示風景より
展覧会は、日本絵画の主要ジャンルを8章構成で紹介していく。第一章「水墨画」では、躍動感あふれる描写で鳥を描いた雪村のほか、迫力とかわいらしさが同居する山田道安の屏風などを展示する。

初めての里帰り作品も多数! サントリー美術館『ミネアポリス美術館 日本絵画の名品』 6月2日より再開!

雪村周継《花鳥図屛風》室町時代、16世紀
初めての里帰り作品も多数! サントリー美術館『ミネアポリス美術館 日本絵画の名品』 6月2日より再開!

山田道安《龍虎図屏風》室町時代、16世紀
とくに、山田道安《龍虎図屏風》は、虎の表情や吹きすさぶ風の描写など、細部まで楽しめる作品だ。

初めての里帰り作品も多数! サントリー美術館『ミネアポリス美術館 日本絵画の名品』 6月2日より再開!

山田道安《龍虎図屏風》部分室町時代、16世紀
初めての里帰り作品も多数! サントリー美術館『ミネアポリス美術館 日本絵画の名品』 6月2日より再開!

山田道安《龍虎図屏風》部分室町時代、16世紀
続く第2章「狩野派の時代」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.