くらし情報『最果タヒ、“詩の展示”を巡回開催「どうか、言葉を見に来てください」』

2020年11月6日 17:00

最果タヒ、“詩の展示”を巡回開催「どうか、言葉を見に来てください」

「最果タヒ展われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。」


現代詩人・最果タヒによる文字の展示「最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。」が12月4日(金)を皮切りに渋谷と名古屋、心斎橋のパルコで順次開催される。

スマートフォンで詩を書き、現代の感情を繊細かつ鋭く表現する詩人/作家の最果タヒ。 彼女の作品発表の場は、書籍はもちろんインターネット上にもとどまらない。今回の「詩の展示」は至る所に詩が展開された空間を、読者が歩き回って体験するインスタレーションだ。

本展覧会では、2019年2月から約1カ月間で約3万人が来場した「氷になる直前の、氷点下の水は、蝶になる直前の、さなぎの中は、詩になる直前の、横浜美術館は。―― 最果タヒ 詩の展示」でのインスタレーションを含む新作の“詩の展示”を、新たなタイトル「最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。」のもとに公開。

会場にあるのは「作品があなたに読まれ、初めて意味を持つものであってほしい」と願う、最果タヒによる「詩になる直前」の言葉たち。それらを追いかける体験を通して、自分の心が動く言葉やその瞬間、あるいは目が無意識に読んでいる感覚に気づくような、言葉との新たな出会いが生まれるはずである。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.