くらし情報『オランダ出身のアーティスト、マーク・マンダース 日本の美術館では初となる個展の展示風景をレポート!』

2021年3月26日 18:00

オランダ出身のアーティスト、マーク・マンダース 日本の美術館では初となる個展の展示風景をレポート!

マーク・マンダース《4つの黄色い縦のコンポジション》(2017-19)


オランダ出身のアーティスト、マーク・マンダースの日本初となる個展『マーク・マンダース ─ マーク・マンダースの不在』が東京都現代美術館で3月20日に開幕した。「建物としての自画像」という構想に沿って制作された。33点の作品が並ぶ。

マーク・マンダースは、1968年生まれ。現在はベルギーにて制作を行っているマンダースは「建物としての自画像」という独自の制作コンセプトを18歳のときに見出し、以降30年以上にわたって、すべての作品をこのコンセプトに沿って制作している異色のアーティストだ。展示空間に配された作品群は自身が架空の芸術家として名付けた「マーク・マンダース」の自画像の一部として構成されている。

オランダ出身のアーティスト、マーク・マンダース 日本の美術館では初となる個展の展示風景をレポート!


本展は、東京都現代美術館の約1000㎡あるワンフロア全体を「想像上の一つの建物」に見立て、彫刻やドローイングを配置したインスタレーションとして構成したものだ。

彫像や家具、ドローイングに言葉などを組み合わせた、ひと目見ただけでは理解しきれない作品を前に、人々はさまざまな思いを巡らせていく。

オランダ出身のアーティスト、マーク・マンダース 日本の美術館では初となる個展の展示風景をレポート!

《乾いた土の頭部》(2015-16)
オランダ出身のアーティスト、マーク・マンダース 日本の美術館では初となる個展の展示風景をレポート!

《マインド・スタディ》2010-11年
《マインド・スタディ》は2013年のヴェネツィア・ビエンナーレに出品された作品。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.