くらし情報『今井翼「師匠を理解したくて楽曲聴いてる」 リーディング・コンサート『ベートーヴェンからの手紙』インタビュー』

2021年12月1日 12:00

今井翼「師匠を理解したくて楽曲聴いてる」 リーディング・コンサート『ベートーヴェンからの手紙』インタビュー

今井翼


今井翼が、リーディング・コンサート『ベートーヴェンからの手紙』で朗読劇に初挑戦する。劇中では、楽聖ベートーヴェンの死後、彼が“不滅の恋人”に宛てたラブレターをめぐるミステリーが、読売日本交響楽団チェリスト・渡部玄一率いるトリオによるベートーヴェンの名曲の生演奏に乗って繰り広げられる。ベートーヴェンの弟子フェルディナント・リースに扮する今井は、どのような想いで作品に取り組もうとしているのか──。稽古前の心境に、耳を傾けた。

師匠ベートーヴェンの音楽を毎朝聴いて、弟子リースの役イメージつかむ

──台本を拝読して、たった2日間の上演ではもったいない作品だと思いました。本作へのご出演が決まった際の率直な想いをお聞かせください。

年齢やキャリアとともに挑戦を重ねていきたい──という思いが役者としてあるので、初めて取り組む朗読劇にワクワクしています。“不滅の恋人”はいったい誰なのか、師匠の愛した女性を探す旅に出かけるリースは、劇中でストーリーテラーの役割を果たします。台本を読むだけでなく、登場人物の想いをきちんと咀嚼して臨みたいですね。

──今井さん演じるフェルディナント・リースは、ベートーヴェンの前でどんな弟子だったと思いますか?

台本を拝読する限り、リースはベートーヴェンのいちばん近くにいた理解者だと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.