くらし情報『最新作『すずめの戸締まり』はどんな映画に? 新海誠監督が語る3つのポイント』

2021年12月15日 19:18

最新作『すずめの戸締まり』はどんな映画に? 新海誠監督が語る3つのポイント

最新作『すずめの戸締まり』はどんな映画に? 新海誠監督が語る3つのポイント


新海誠監督が12月15日、都内で行われた最新作『すずめの戸締まり』(2022年秋全国公開)の製作発表会見に出席。日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる“扉”を閉めていく少女・すずめの解放と成長を描くロードムービーで、新海監督は「本来であれば、(ロケハンのために)全国各地に行きたかったが、それもコロナ禍でできない状況」と振り返り、「当たり前のことが、当たり前にできるようになればいいなという願いはこめている」と語った。

新海監督によると、最新作『すずめの戸締まり』には「日本列島をめぐるロードムービー」「扉を開くのではなく、閉じていく物語」「映画館に足を運ぶ理由になるような作品」という3つのポイントがあるといい、「ヒロインが戦うアクションムービーでもある。それも今までとは少し違ったアクションが盛りだくさん」とも。『君の名は。』『天気の子』との関連性を問われると、「アベンジャーズ的なものを期待されるファンの皆さんもいらっしゃるが、そこはそんなに……。過去のキャラクターが登場するかはわからない」と明言を避けた。

昨年1月から企画・脚本開発が始まったが、コロナ禍による表現的な影響については「登場人物がマスクをするかしないかも迷った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.