くらし情報『井上芳雄「舞台裏を走り周りながら表現していることに感動」 こまつ座『日本人のへそ』10年ぶり上演中 生配信&TV放映も』

2021年3月11日 16:00

井上芳雄「舞台裏を走り周りながら表現していることに感動」 こまつ座『日本人のへそ』10年ぶり上演中 生配信&TV放映も

『日本人のへそ』より、左から山﨑薫、大内唯、山西惇、木戸大聖、前田一世、藤谷理子、井上芳雄、朝海ひかる、岩男海史、小池栄子、土屋佑壱、久保酎吉、安福毅


井上芳雄、小池栄子ら新キャストを迎え、東北へのオマージュを込めて10年ぶりに東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演中のこまつ座『日本人のへそ』。吃音患者たちが吃音治療のため、東北から上京しストリッパーとなったヘレン天津(小池栄子)の半生をミュージカルとして上演するという物語で、喜劇、ミュージカル、日本語、推理劇、そしてどんでん返しの連続と、言葉の洪水とエネルギーに満ち溢れた、劇作家・井上ひさしの処女作だ。

前回上演時は2011年、東日本大震災の渦中での上演となった本作だが、今回再びコロナ禍という困難のなかでの上演となった。開幕に際し井上は「こんなにみんなが汗をかきながらドタバタ舞台裏を走り周りながら表現していることに感動してます。劇場とか演劇とかエンターテイメントが今こういう時期だからこそ、なおさら愛しいものだと思える作品」「なにより自分がやっていて本当に楽しいです」と語る。

1985年の初演時から本作と向き合い、今回4度目の演出を手がける栗山民也は「この荒涼とした日々の続くなか、人間にはこんなにたくさんの感情があったのだと、ただ感謝の気持ち」とコメント。

東京公演は3月28日(日)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.