くらし情報『乃木坂46秋元真夏「生まれ変わっても絶対に乃木坂になりたい」 卒業コンサートのオフィシャルレポート到着』

乃木坂46秋元真夏「生まれ変わっても絶対に乃木坂になりたい」 卒業コンサートのオフィシャルレポート到着

「帰り道は遠回りしたくなる」「最後のTight Hug」と緩急に富んだ選曲で、乃木坂46らしい“しなやかさの中にも力強さが存在するダンス”を表現してみせた。

乃木坂46秋元真夏「生まれ変わっても絶対に乃木坂になりたい」 卒業コンサートのオフィシャルレポート到着


ライブ終盤戦には、秋元の「憧れの曲」である「言霊砲」を、これからの乃木坂46を先頭で引っ張っていくことになる久保史緒里、与田祐希、山下の3人と一緒に歌唱。また、自身がかつて卒業生の高山一実と歌ってきたユニット曲「忘却と美学」ではキャプテン、副キャプテンとして苦楽を共にしてきた梅澤美波と一緒に披露する。


乃木坂46秋元真夏「生まれ変わっても絶対に乃木坂になりたい」 卒業コンサートのオフィシャルレポート到着


さらに、「あるメンバーとどうしても歌いたい曲。楽曲も大好きだし、その一緒に歌うメンバーのことが大好き」と“HoneyWorks meets さゆりんご軍団+真夏さんリスペクト軍団 from 乃木坂46”名義で発表した「大嫌いなはずだった。」を、鈴木と2人で歌唱。外周を歩きながら歌う2人は瞳に涙を浮かべ、この曲を噛み締めながら歌う。曲中、鈴木から「真夏さん、今まで本当にありがとうございました」と花束をプレゼントされるサプライズもあり、会場は感動的な空気に包まれた。

涙を堪えきれない秋元は、本編最後の曲に入る前に後輩たちにメッセージを送る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.