くらし情報『『第2回東京インディペンデント映画祭』授賞式開催 グランプリは秋葉恋監督の『東京逃避行』』

2024年5月22日 14:30

『第2回東京インディペンデント映画祭』授賞式開催 グランプリは秋葉恋監督の『東京逃避行』

『第2第二回東京インディペンデント映画祭』より


5月21日(火) に『第2回東京インディペンデント映画祭』授賞式が開催された。

「次世代の映画監督を育成する」をモットーに、 新たなムーブメントを呼び起こす「夢のある映画祭」 として、昨年誕生した東京インディペンデント映画祭。昨年2023年12月1日より作品募集が開始され、3カ月間で292作品の応募が集まり、その中からグランプリ、準グランプリが決定した。

審査員⻑である藤井道人(監督)、阿部雅人(松竹・プロデューサー)、 小出真佐樹(ロボット・プロデューサー) 、SYO(ライター)、古川達馬(編集技師) 、菅井ひなの(映画祭キュレーター)が登壇。まず、受賞作品発表に先立ち、受賞は逃したが最終ノミネートに選出された3作品が発表され、プレゼンターとして藤井、綾野剛が祝福した。

続いて、準グランプリの発表。『ゴミ屑と花』大黑友也監督と『スマホの中のエイリアン』川中玄貴監督が登壇し、綾野剛が目録を渡した。大黑は「今回こういった賞を頂けて本当に光栄に思います。
この作品を通していろんな人と出会って縁を感じる経験ができました」と喜びを噛み締めた様子。川中は「私は映画大好き少年で始めた人ですが、長いことPVや広告周りをしていて、実写っぽい映像というのは20年ぶりに作らせていただいたのですが、その機会にこのような結果になりありがたい気持ちでいっぱいです」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.