くらし情報『上白石萌歌、憧れの松本梨香の「ポケモンゲットだぜ!」に「生サトシだ!」と震える』

2020年12月8日 20:09

上白石萌歌、憧れの松本梨香の「ポケモンゲットだぜ!」に「生サトシだ!」と震える

上白石萌歌、憧れの松本梨香の「ポケモンゲットだぜ!」に「生サトシだ!」と震える


『劇場版ポケットモンスター ココ』の完成披露試写会が12月8日に都内で開催され、声優の松本梨香、ゲスト声優を務めた上白石萌歌、中村勘九郎、劇中歌のプロデュースをした岡崎体育、矢嶋哲生監督が揃って登壇した。

23作目の劇場版となる本作は、幻のポケモン・ザルード(勘九郎)とザルードに育てられた人間の子・ココ(上白石)の関係を中心に“親子”をテーマに展開する。

2000年生まれで「ドンピシャのポケモン世代」を自認する上白石は、この日、初めて松本と対面を果たし、感激の面持ち。松本がおなじみの「ポケモンゲットだぜ!」というサトシのセリフを冒頭で披露すると「“生サトシ”の声を耳にできて震えております!」と大興奮。自身にとって「ずっとサトシがヒーローで、“目指すべき人物”」だったと熱く語っていた。

勘九郎は声優初挑戦となったが、自身、漫画やアニメが大好きでいつかやってみたかったとのことで「長年の夢をゲットだぜ!」と満面の笑み。さらに、子供たちも『ポケモン』が大好きとあって「子供たちからの尊敬もゲットだぜ!」と喜びを口にする。

岡崎が劇中の計6曲をプロデュースしているが、中でもトータス松本が歌うメインテーマ「ふしぎなふしぎな生きもの」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.