くらし情報『ナオミ・ハリス「異なる人間の悲しみを探求しているドラマ」 キャスト&スタッフが『サード・デイ 〜祝祭の孤島〜』の魅力を語る』

2020年11月20日 22:00

ナオミ・ハリス「異なる人間の悲しみを探求しているドラマ」 キャスト&スタッフが『サード・デイ 〜祝祭の孤島〜』の魅力を語る

独占配信される第1話は、12月18日(金)まで無料で視聴可能。「BS10 スターチャンネル」でも12月19日(土)に第1話が先行無料放送され、12月22日(火)より毎週火曜23:00に独占日本放送される。

放送開始を記念し、公開されたインタビュー映像では、ジュードやナオミをはじめとするキャストやスタッフが登場。『冬』の主人公・ヘレン役を務めるナオミは「異なる人間の悲しみを探求しているドラマよ」と本作について語り、『夏』の主人公・サム役を演じるジュードは「前半の主人公のサムは限界まで追い詰められて苦しんでいる」と、孤島で疑心暗鬼に陥っていく自身の役柄を示唆した。

本作に登場する孤島はロンドン郊外に実在する“オシー島”がモデル。クルーは実際にオシー島で撮影を行なっているのだが、製作総指揮・企画を務めたフィリックス・バレットは「異常な世界だ。驚異的な島でロケを敢行した」、オシー島の島民であるミスターマーティン役のパディ・コンシダインは「オシー島は秘密が多く部外者には奇妙に映る」、続けて同じく島民であるミセスマーティン役のエミリー・ワトソンは「オシー島のバランスが保たれていれば世界は平和だと信じる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.