くらし情報『ナオミ・ハリス「異なる人間の悲しみを探求しているドラマ」 キャスト&スタッフが『サード・デイ 〜祝祭の孤島〜』の魅力を語る』

2020年11月20日 22:00

ナオミ・ハリス「異なる人間の悲しみを探求しているドラマ」 キャスト&スタッフが『サード・デイ 〜祝祭の孤島〜』の魅力を語る

『サード・デイ 〜祝祭の孤島〜』 (C) 2020 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

(C) 2020 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.



本日11月20日(金)よりAmazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS- 」にて独占配信されるHBO(R)ドラマ『サード・デイ 〜祝祭の孤島〜』のキャストやスタッフが、ドラマの魅力を語ったインタビュー映像が公開された。

本作は、ブラッド・ピット率いる制作会社「ブランBエンターテインメント」とHBO(R)がタッグを組み、『夏』と『冬』3話ずつの2部構成で贈るミステリードラマ。ロンドン郊外の孤島を舞台に、『夏』ではジュード・ロウ演じるサムが、『冬』ではナオミ・ハリス演じるヘレンが、島の伝統と文化を守るためには手段を選ばない島民に囲まれ、奇妙で恐ろしい体験に巻き込まれていく姿を映し出す。ケルト文化を取り入れた祝祭のシーンも本作の見どころであり、閉鎖空間や排他的世界を舞台にした『ウィッカーマン』などのカルトホラー作品も彷彿とさせる一作となった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.