くらし情報『浅野忠信の2年ぶりとなる個展が渋谷PARCOでスタート! カラフルな油彩画や水彩画に込められた思いとは?』

2021年4月9日 19:00

浅野忠信の2年ぶりとなる個展が渋谷PARCOでスタート! カラフルな油彩画や水彩画に込められた思いとは?

『TADANOBU ASANO EXHIBITION “FREAK”』 撮影:星野洋介

撮影:星野洋介



俳優であり、音楽家、そして画家としても活動している浅野忠信の個展『TADANOBU ASANO EXHIBITION “FREAK”』が渋谷PARCO4階のPARCO MUSEUM TOKYOで4月9日(金)より25日(日)まで開催されている。油彩、水彩、ドローイング、オブジェなど約250点の作品が並ぶ展示室内で、約2年ぶりとなる個展について、ご本人に聞いた。

――前回、ワタリウム美術館で開催した個展『TADANOBU ASANO 3634 浅野忠信展』は、ドローイングの作品が多かったのが印象的です。今回展示する約250点の作品の多くは水彩画や油彩が多く、非常にカラフルですね。

前回の展覧会では約700点のドローイング作品を発表したのですが、その展覧会が終わり、カラーの作品も描いてみようかなという気持ちが自分のなかで強まっていきました。もちろん、それより前からカラーの作品も描いてはいましたし、いまもドローイングは続けています。ただ、前回の展覧会が明確な区切りとなりました。

浅野忠信の2年ぶりとなる個展が渋谷PARCOでスタート! カラフルな油彩画や水彩画に込められた思いとは?

浅野忠信の2年ぶりとなる個展が渋谷PARCOでスタート! カラフルな油彩画や水彩画に込められた思いとは?


――浅野さんのドローイングは、身の回りにある封筒やハガキなども使った自由さが印象的です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.