くらし情報『十和田市現代美術館「インター +プレイ」展3期にわたって開催!』

2020年8月2日 08:00

十和田市現代美術館「インター +プレイ」展3期にわたって開催!

鈴木康広や現代アートチーム「目[mé]」による通年展示
十和田市現代美術館「インター +プレイ」展3期にわたって開催!

また、3期にわたっての通年展示も。十和田市現代美術館の前庭には、身近なものに新鮮な切り口を与える作品を手がける鈴木康広が、ベンチとして座ることもできる大型の野外彫刻《はじまりの果実》を設置。さらに、現代アートチームの目[mé]は、まちなかの建物に、美術館の1室が飛んできたかのような白い空間を出現。

「問題行動トリオ」のパフォーマンスも
十和田市現代美術館「インター +プレイ」展3期にわたって開催!

さらに各会期ごとに1回ずつ、「問題行動トリオ」が音楽とダンスによるパフォーマンスを展開予定。通常は入ることのできない夜の美術館を会場に、作品や展示空間との対話から生みだされる実験的なパフォーマンスを披露されます。

展覧会概要

アーツ・トワダ(Arts Towada) 十周年記念「インター +プレイ」展
会期:
・第1期 2020年7月23日(木・祝)〜2021年8月29日(日)
・第2期 2021年9月18日(土)〜2022年1月10日(月・祝)
・第3期 2022年1月22日(土)〜2022年5月29日(日)
※当初は2020年4月18日(土)〜2021年5月30日(日)の会期を予定していたが変更
会場:十和田市現代美術館
住所:青森県十和田市西二番町10-9
開館時間:9:00〜17:00(入場は閉館30分前まで)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.