くらし情報『塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館で開催!』

2021年2月13日 17:00

塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館で開催!

故郷アルゼンチンのブエノス・アイレスで見られるファサードをもとに、鏡を介して重力に逆らうように自由なポーズを取ることができる作品を展開。

名和晃平の代表作「PixCell」も
塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館で開催!

さらに、名和晃平の代表作「PixCell」シリーズの《Pix-Cell-Deer♯52》も、寄託を受けて期間限定で公開。「PixCell」は、動物の剥製などを透明の球体で覆うことで制作されており、情報社会ではパソコンなどの画面の“セル”を介してものを見ているのだという現状が、彫刻として表現されています。

詳細

十和田市現代美術館 常設作品入れ替え・展示室増築・寄託作品展示
場所:十和田市現代美術館
住所:青森県十和田市西二番町10-9
開館時間:9:00〜17:00(最終入館 16:30)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始、そのほか臨時休館
観覧料:大人 1,200円、高校生以下 無料
※企画展のない時期は、大人520円
※最新情報は美術館ウェブサイトにて確認

■常設作品
・塩田千春 新作(作品名未定)
一般公開日:2021年4月1日(木)
・レアンドロ・エルリッヒ《建物─ブエノスアイレス》
一般公開日:2021年12月〈予定〉
■寄託作品
・名和晃平《PixCell-Deer#52》
展示期間:2021年4月1日(木)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.