くらし情報『光の玉手箱が開かれる「武雄のあかり展」がスタート』

2018年8月15日 16:15

光の玉手箱が開かれる「武雄のあかり展」がスタート

武雄の夏に光の玉手箱が開かれる!

光の玉手箱が開かれる「武雄のあかり展」がスタート

佐賀県・武雄市で2018年7月20日(金)~9月30日(日)まで開催される「武雄のあかり展」。2015年に武雄温泉楼門100周年を記念して始まったこの展示は、今年で4年目を迎えます。国指定の名勝地「御船山楽園」や、日本の庭園100選にも選ばれる「慧洲園」などが会場となり、色とりどりのあかりで彩られた市内の観光名所が、昼間とはまた違った表情を見せてくれます。

武雄のあかり展(武雄のあかりめぐり)
期間:2018年7月20日(金)~9月30日(日)
※ライトアップの期間や時間は会場によって異なります

「チームラボ」とのコラボレーション

光の玉手箱が開かれる「武雄のあかり展」がスタート

「御船山楽園」では、世界的に活躍するウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」による「チームラボかみさまがすまう森」が行われます。15万坪の広大な庭園が、人々の存在によって変化するアート空間に。

「小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング」、「呼応するツツジ谷」、「廃虚の湯屋に住む生き物たち」などのアート作品のほか、「呼応するランプの森」などが加わり、全17作品を公開します。自然とテクノロジー・光と闇・歴史と未来が一体となった「チームラボ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.