くらし情報『地震による屋内被害を回避するための新常識』

2022年1月17日 10:00

地震による屋内被害を回避するための新常識

業界初の個人向け不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)、マンション管理組合向けコンサルティングを行う“不動産の達人”株式会社さくら事務所(東京都渋谷区/社長:大西倫加)が運営するシンクタンク「だいち災害リスク研究所」では、屋内での被害が大きかった阪神淡路大震災を振り返り、屋内で緊急地震速報が鳴った時にどうすればよいか、また事前にどのような備えをしておけばよいかについてのコラムを阪神淡路大震災から27年経った、2022年1月17日(月)に公開致しました。

目次

・テレビもスマホも緊急地震速報は約5秒間
・だいち災害リスク研究所・所長 横山芳春によるコラムページ
・個人向け災害リスク診断サービス「災害リスクカルテ」


地震による屋内被害を回避するための新常識

阪神淡路大震災における家屋内での負傷原因(日本建築学会「阪神淡路大震災 住宅内部被害調査報告書」より)

今から27年前に発生した阪神淡路大震災は、朝の5時46分という明け方に発生した地震として、在宅時、かつ睡眠中である人も多かったためか、負傷された方は家具等の転倒落下による例が多くみられました。屋内で、とくに我が家に居る時に緊急地震速報が鳴った時に焦ることがないよう、また家具の転倒などで負傷することがないよう、事前に地震対策を万全にしておくことに加えて、最新の防災情報にアップデートしておく必要があります。

テレビもスマホも緊急地震速報は約5秒間

テレビでは「チャランチャラーン、チャランチャラーン、緊急地震速報です」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.