くらし情報『エスファハーン - 世界の半分と言われた街で出会ったものこと。【イランとヒジャブとわたし vol.5】』

エスファハーン - 世界の半分と言われた街で出会ったものこと。【イランとヒジャブとわたし vol.5】

2018年4月26日 23:15
 

 

「そこには世界の半分がある」かつてそう言われた都市がイランにあります。

今回ご紹介するのが、その都市「エスファハーン」(イスファハーン)です。

エスファハーン - 世界の半分と言われた街で出会ったものこと。【イランとヒジャブとわたし vol.5】


エスファハーンは、16世紀末にサファビー朝の首都として発展した緑豊かな綺麗な街。

前回記事のシーラーズが日本でいう北海道のような街(広くて、壮大で、人が温厚で…)であれば、エスファハーンは例えるならば京都のような土地。

古都エスファハーン。

歴史的にも文化的にも重要なものが多く残る、大きな街です。

今回はイランのお正月:ノウルーズのお休みを利用して、このエスファハーンまでお邪魔してきました。

エスファハーン - 世界の半分と言われた街で出会ったものこと。【イランとヒジャブとわたし vol.5】


イランの首都、テヘランから飛行機で約1時間。
その後バスや電車で約8時間ほどの場所にエスファハーンという都市があります。

「イランに旅行を」と言うと大多数の人がエスファハーンの地名を答えるのではないでしょうか。

そんな一大観光地 エスファハーン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.