くらし情報『初めての歌舞伎鑑賞をパリの地で。【Nahoのおパリ文化回覧帳 vol.11】』

2018年10月20日 20:55

初めての歌舞伎鑑賞をパリの地で。【Nahoのおパリ文化回覧帳 vol.11】

ジャポニズム2018!
初めての歌舞伎鑑賞をパリの地で。【Nahoのおパリ文化回覧帳 vol.11】


日仏友好160年を記念し、今年の7月からフランスではたくさんの日本文化を大規模かつ総合的に紹介するイベントが開催されています。この記念すべき年に日本人の一人としてパリに居ることがなんだかとても嬉しく、喜びを実感しています。

先日、その公式企画のひとつ、松竹大歌舞伎を鑑賞してきました。日本に居た頃は、観に行きたいなあと思いながらも忙しさを口実に一度も観に行ったことがなかった歌舞伎。パリに来て、大学の授業の一環でオペラやバレエを鑑賞する機会が多々あり、クラシックの魅力を再確認しました。この地で歌舞伎が観れたらいいなあと長年心の片隅で思っていたこと本当に叶ったので、私としては喜びもひとしおでした!

由緒ある劇場で14年ぶりの公演
初めての歌舞伎鑑賞をパリの地で。【Nahoのおパリ文化回覧帳 vol.11】


公演会場に選ばれたのは、Théâtre National de Chaillot(国立シャイヨー劇場)。場所はトロカデロのすぐ近くで、劇場のカフェから見える夜のエッフェル塔は格別なんです!

初めての歌舞伎鑑賞をパリの地で。【Nahoのおパリ文化回覧帳 vol.11】


シャイヨー劇場は、ダンス、またはダンスにまつわる公演をメインにプログラムしている国立の劇場で、現在の施設は1937年のパリ万博に合わせて建設されました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.