くらし情報『母親になった酒井美紀、仮面ライダー出演に「宝物になった」』

2011年8月8日 10:21

母親になった酒井美紀、仮面ライダー出演に「宝物になった」

母親になった酒井美紀、仮面ライダー出演に「宝物になった」
人気ヒーローシリーズの劇場版最新作『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』が公開初日を迎え、渡部秀、三浦涼介、ゲスト出演の酒井美紀らが舞台あいさつに登壇し、集まったチビっこたちやライダーファンを大いにわかせた。

その他の写真

敵との壮絶なバトルによって手にしたコアメダルの組み合わせによって様々なフォーム/能力を持つライダーに変身する仮面ライダーOOO(オーズ)の活躍を描く本作。映画『…将軍と21のコアメダル』では、江戸時代を舞台に、仮面ライダーオーズが徳川吉宗らと共闘しながら、世界を支配するべく甦った錬金術師ガラと壮大な戦いを繰り広げる。

本作の最大の見どころは松平健が演じる徳川吉宗=暴れん坊将軍と、仮面ライダーオーズがタッグを組んで敵に立ち向かう場面だが、渡部は「おばあちゃんが『暴れん坊将軍』のファンだったのでまさか、自分が共演できるとは思ってもみませんでした」と振り返り、三浦も「僕はずっと『マツケンサンバ』が好きだったんですけど、今回、主題歌でライダーバージョンの『マツケンサンバ』を歌わせていただくことができた」と笑顔を見せた。一方、1歳4か月の息子をもつ酒井は「仮面ライダーやヒーローは男の子が“必ず通る道”ですから、自分が出演できたことでこの映画のDVDが宝物になると思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.