くらし情報『篠田麻里子、AKB48は恋愛禁止だけど…「危険な恋にあこがれます」』

2012年2月16日 11:36

篠田麻里子、AKB48は恋愛禁止だけど…「危険な恋にあこがれます」

篠田麻里子、AKB48は恋愛禁止だけど…「危険な恋にあこがれます」
ジャスティン・ティンバーレイクが主演するアクション・サスペンス『TIME/タイム』の日本語吹替版で、ヒロインの声を担当したAKB48の篠田麻里子が取材に応じ、作品の魅力や収録の苦労話、さらには映画が描く危険な恋へのあこがれを語った。

その他の写真

遺伝子操作によって人間の成長が25歳で止まる近未来。金に代わって“時間”が通貨として流通し、わずかな余命を削りながら生きる貧困層を尻目に、富める者が永遠の生を謳歌する世界で、運命の出会いを果たした貧しい青年ウィル(ティンバーレイク)とセレブ出身のシルビア(アマンダ・セイフライド)は不条理な社会システムの真実を暴きだす。

“日本で最も輝く25歳”として、シルビア役に大抜てきされた篠田は「もともとアマンダのファンでしたが、すでに彼女が演じた役柄に自分の声や感情を入れるのは本当に難しかったですね」。特に英語と日本語の“タイミング”の違いに苦心したといい「息づかいや細かい演技に、ピタっと息を合わせるのが大変でした」と振り返る。

自身が演じたシルビアについては「自然とにじみ出る気品や女性らしさは見習いたいです。それに裕福な生まれで守られた存在なのに、スリルを求めている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.