くらし情報『“超個性派”リス・エヴァンス、話題の歴史ミステリーに自ら志願』

2012年12月19日 18:05

“超個性派”リス・エヴァンス、話題の歴史ミステリーに自ら志願

“超個性派”リス・エヴァンス、話題の歴史ミステリーに自ら志願
イギリスを代表する劇作家ウィリアム・シェイクスピアに、別の代筆者がいたという仮説を描いたローランド・エメリッヒ監督の歴史ミステリー『もうひとりのシェイクスピア』の公開を前に、主演を務めた俳優のリス・エヴァンスがインタビューに応じ、本作の主人公である貴族作家・オックスフォード伯役を自ら志願したことを明かした。

その他の写真

エヴァンスといえば、英国アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた『ノッティングヒルの恋人』で主人公(ヒュー・グラント)と同居する変人のスパイク役、『パイレーツ・ロック』では怪しげでセクシーなラジオDJのギャビン役などで強烈な印象を残したイギリスきっての個性派俳優。今年はハリウッド超大作『アメイジング・スパイダーマン』で宿敵ザ・リザード(Dr.コナーズ)役を演じ、単なる悪役という枠を超えて、良心の呵責に悩む科学者の内面を表現した。また、覆面アーティストのバンクシーが初監督した『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』のナレーションを担当するなど、ふり幅の広いキャリアで大活躍している。

そんなエヴァンスが本作で演じるのは、現時点でシェイクスピアの名作を代筆した“最有力候補”と目される貴族作家・オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.