くらし情報『元レーサー長谷見昌弘、『ラッシュ』に太鼓判』

2014年8月4日 15:27

元レーサー長谷見昌弘、『ラッシュ』に太鼓判

元レーサー長谷見昌弘、『ラッシュ』に太鼓判
オスカー監督のロン・ハワードが、実話をもとに天才F1ドライバーの死闘を描いた『ラッシュ/プライドと友情』のBlu-ray&DVD発売記念イベントが4日、都内で行われ、映画の舞台にもなった1976年の日本GP(正式名称は1976年F1世界選手権in Japan)に出場した経験をもつ元レーシングドライバーの長谷見昌弘氏(68歳)が出席した。

その他の写真

本作は直感型の天才レーサーであるジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)と、冷静な判断力を武器に活躍するニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)の火花散るレース争いと、ふたりの絆を描いたヒューマンドラマ。永遠のライバルであるふたりのチャンピオンシップをかけた戦いは、富士スピードウェイで行われる日本での最終戦にもつれ込む…。

長谷見氏は当時、1回目の予選でいきなり4位に浮上し、ハントやラウダらとポールポジションを争ったが、予選2回目で大クラッシュに巻き込まれた。「事故の瞬間は、もう死んだなと思った。時速220キロ~230キロで激突するんですから」(長谷見氏)。幸い、本人は「ほぼ無傷だった」そうで、全損したマシンは修理され、決勝では11位完走の記録をマークし「やる以上は勝つという気持ち。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.