くらし情報『キューバ映画に魅了された今年のSKIPシティ映画祭』

2015年8月5日 16:46

キューバ映画に魅了された今年のSKIPシティ映画祭

キューバ映画に魅了された今年のSKIPシティ映画祭
回を重ねて12回目の開催となった“SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015”が先月26日に閉幕した。新進監督の発掘を掲げる長編コンペティション部門で今年も存在感を見せつけたのは海外のディレクターたち。今回審査委員長を務めたユーロスペース代表でプロデューサーの堀越謙三氏も総評で海外作品のクオリティの高さを称賛した。

その他の画像/SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015

その中でも際立ったのが見事に最優秀作品賞に輝いた『ビヘイビア』だ。キューバのエルネスト・ダラナス・セラーノ監督が手がけた本作は、すでに報じられているように、堀越氏をはじめとする審査員を務めた4人全員が最高点を与え、文句なしの受賞であった。しばしば賞と観客の評価は相容れないものだが、今回の受賞に限っては納得。というのも2回での上映での観客の評価も群を抜いて高かったからだ。監督自身の境遇でもあり、主人公チャラを演じた少年自身のバックグラウンドも反映させられたドラマは、キューバの国内事情をさりげなく盛り込みながらドラッグ中毒の母親を支えて日々を懸命に生きる少年の成長をリアルに描写。社会の底辺に眼差しを注ぎながら、人の偏見や思い込みに対する痛切かつ普遍的なメッセージが浮かび上がる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.