くらし情報『小林愛実、デビューリサイタル以来のホールへ再び』

2019年6月25日 09:35

小林愛実、デビューリサイタル以来のホールへ再び

小林愛実、デビューリサイタル以来のホールへ再び

小林愛実


2015年のショパン国際ピアノコンクールで、日本人では10年ぶりのファイナリストとなった小林愛実。今、世界的に注目されている若手ピアニストのひとりだ。その彼女が、11歳の時に開いたデビューリサイタル以来、12年ぶりに福岡シンフォニーホールで演奏する。

「デビューリサイタルのことはよく覚えています。あの思い出深いホールで再び演奏できるなんて」と嬉しそうに語る小林。今回、ショパンとシューマン、ロマン派を代表するふたりの作品でプログラムを構成した。「デビューリサイタルでもショパンを演奏したんです。ショパンは、クラシックをあまり聴かない方でも馴染み深い曲が多くて、優雅でロマンティック。初期と後期では大きく作風が変わるので、時代を通しての変化を感じていただけたら嬉しいです。シューマンの『謝肉祭』は、小さな20曲からなる1つの作品で、いろんなキャラクターが次々に登場するので、飽きずに(笑)聴いていただけると思います」とクラシック初心者にも楽しめるポイントを教えてくれた。

山口県出身。レッスンのために東京、アメリカへと環境を変えながら音楽への向き合い方も変わってきたという。特に、20歳で挑戦したショパン国際ピアノコンクールは大きな転機となった。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.