くらし情報『石上真由子と鈴木優人がとっておきの共演』

2022年5月16日 11:40

石上真由子と鈴木優人がとっておきの共演

石上真由子と鈴木優人がとっておきの共演

石上真由子/鈴木優人(C)石阪大輔


平日午後の「とっておきアフタヌーン」はサントリーホールと日本フィルのコラボ企画。6月の公演には指揮者・鈴木優人とヴァイオリンの石上真由子が出演。ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番とラヴェルの《ツィガーヌ》、メンデルスゾーンの《真夏の夜の夢》を演奏する[6月2日(木)サントリーホール]。

“とっておき”が満載の公演だ。まずは、いくつもの“初めて”。
6月にブラームスのソナタなどを収録したCDを出す二人。
鈴木「でもお客さんの前では初共演なんです」
ブルッフの協奏曲は、石上が子供の頃に一番好きだったという曲だ。
石上「聴き憶えでよく弾いていました。でもソロでなくオーケストラ・パートを(笑)。旋律のラインがしっかりしているので、弾いていてすごく気持ちがいいんです。もちろんソロ・パートも。魅力的なメロディ・メーカーだと思います」
鈴「ごく短い序奏のあとヴァイオリンから始まるので、すぐに石上さんの音が聴けます!ト短調という調性はヴァイオリンがすごく鳴りやすい。ロマンティックな短調で、アフタヌーンというより、昼ドラ悲劇に巻き込まれる感じかもしれません(笑)」
石「美しい第2楽章、快活な第3楽章。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.