くらし情報『超シンプル!意識するだけで会話が弾む「会話の3つの構成要素」』

2015年7月28日 17:00

超シンプル!意識するだけで会話が弾む「会話の3つの構成要素」

(1)会話の起点となる「ネタ振り」

ネタ振りとは、話題を相手に提供すること。「天気いいですね」「調子どうですか?」などといった何気ない会話も、話題を提供していることになるといいます。

話題がなければ会話が成り立たないからこそ、会話を弾ませたいのなら話題選びが大切になるというわけです。

(2)聴く力がカギを握る「展開」

展開は、話を弾ませる核心部。特定の話題について質問したり、興味深いエピソードを語り合ったり、冗談をいったり、一緒に考えたりして話題を深堀すること。

または、その話題のなかから出てきたキーワードを起点として、話をそらしていくのも立派な展開なのだとか。

会社の会議と違って、議題もゴールもないのが日常会話。

話を展開するときは、「いかに相手のことばを拾うか」が会話の弾み具合を左右するため、ある程度の集中力と瞬発力(アドリブ力)、さらには冷静な状況判断力も必要だといいます。理想的なのは、話題を展開させているときに自分のエピソードも交えること。ただし、長話は禁物。

一方的な長話が相手をうんざりさせるというようなことは、よくあるからです。

むしろ、自分の話をほとんどせずに、聞き役に徹するだけでも会話は弾むとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.