くらし情報『業務時間の15%は会議!イノベーションを促進する会議のあり方』

2016年10月20日 18:42

業務時間の15%は会議!イノベーションを促進する会議のあり方

目次

・業務時間の15.4%は会議だという現実
・外資系企業では会議の業務専有割合が高い
・PDCAで真のイノベーションを促進する
・そもそもミーティングはPDCAを回す動力源
・ミーティングを有効に活用するためには
suzie-20160930


『プロフェッショナル・ミーティング』(長田英知著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者は元政治家で、現在は大手外資系コンサルティングファームのシニアマネジャー兼新規事業部門副責任者として事業開発に携わっているという人物。

国内最大手の生命保険会社を筆頭とする、さまざまなキャリアの持ち主でもあります。

つまり本書ではそんな実績を軸として、「成果を挙げるミーティングを行うための考え方と手法」について解説しているわけです。

■業務時間の15.4%は会議だという現実

NTTデータ経営研究所が2012年10月に行った「会議の革新とワークスタイル」に関する調査によると、会社で開催される会議の全体業務に占める割合は平均して15.4%になるのだそうです。

業種別でもっとも会議の割合が高かったのは通信・メディア業で、会議が業務の約2割を占めていたのだといいます。

つまり週5日勤務の社員は、毎週1日をまるまる会議に費やしている計算になります。

また、同じ調査で「会社で開催される会議等は価値創造(仕事の生産性向上、イノベーションの創出等)に貢献していると思いますか」と尋ねたところ、「まったくそう思わない」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.