くらし情報『シンガポール最大級の屋台村「ラオ・パ・サ」で世界の味を食べ尽くす!』

2015年9月14日 03:23

シンガポール最大級の屋台村「ラオ・パ・サ」で世界の味を食べ尽くす!

シンガポール最大級の屋台村「ラオ・パ・サ」で世界の味を食べ尽くす!

©Singapore Tourism Board

オフィス街のど真ん中にありながら、シンガポール最大級の規模を誇る屋台村「Lau Pa Sat Festival Market(ラオ・パ・サ・フェスティバル・マーケット)」。時計台と白を基調にした八角形の外観が目印。観光の合間に、お腹を満たしにぜひ立ち寄りたい。

ビジネスマンや観光客に愛されてきた歴史あるホーカー(屋台村)
シンガポール最大級の屋台村「ラオ・パ・サ」で世界の味を食べ尽くす!

©Singapore Tourism Board

ラオ・パ・サとは、福建語とマレー語の造語で「古い市場」という意味。国会の建設も手掛けたイギリス人建築家George Coleman(ジョージ・コールマン)によって、1838年に建設された。その後、度々改装が繰り返されてきたが、コロニアル調の建物の趣は守られ続けている。

もともと「Telok Ayer Market(テロック・アヤ・マーケット)」と呼ばれていたが、1989年の改装時に現在のラオ・パ・サに改名。シンボルの時計台は、1894年の移転改装時に追加されたもの。直近では2014年6月に改装工事が行われ、100軒近くあったストール(店舗)は60に減ったが、座席数2500席を誇り、変わらず国内最大級の屋台村として多くのビジネスマンや観光客に愛されている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.