くらし情報『運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜』

2016年11月22日 10:45

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜

目次

・センセーブ運河ボートに乗ってバンコクの裏側を見てみよう
・バンコクが一望できる黄金の丘「ワット・サケット」
・有名パッタイ店「ティップサマイ」で夕食
R0014234
著者撮影

今回は、定番とはひと味違ったバンコク観光モデルコースを紹介します。ローカルが通勤通学で使う運河ボートに乗って、黄金の丘と呼ばれるお寺に参拝し、バンコクで1番有名なパッタイを食べるコースです。

センセーブ運河ボートに乗ってバンコクの裏側を見てみよう

R0014199
著者撮影

旅の出発点はプラトゥナームのセンセーブ運河ボート乗り場です。BTSチットロム駅から、セントラル・ワールドや伊勢丹などの大型デパートが並ぶ通りを歩いて10分ほど北上した場所になります。

このバンコクの真ん中を走るセンセーブ運河は、渋滞が激しいバンコクにあってローカルの人々の通勤通学の足として大活躍しています。そのため平日の朝夕は大混雑!その時間帯はさけて利用した方が良いでしょう。

そして、乗り降りの際には船着き場に完全に接岸しきっていないボートに乗り移る必要があり、正直にいいまして危険を伴います。観光客が利用するのには少々ハードルが高いのですが、今回の目的地であるパンファーリラート船着き場は終点なので、途中降りる場所を気にせずに乗っていられて、センセーブ運河ボート初心者にはオススメのルートなんです。

P_20161115_141523
著者撮影

プラトゥナームの船着き場は上の写真のように左右二箇所に分かれています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.