くらし情報『「自分が倒れたこともわからないのに…」父への施設入所の説明は #預金資産ゼロの父が倒れた話 100』

2023年10月29日 11:10

「自分が倒れたこともわからないのに…」父への施設入所の説明は #預金資産ゼロの父が倒れた話 100

2児の母でありヲタクであるエェコさんによる、お父さんが倒れたときの話を描いたマンガを紹介します。

エェコさんのお父さんは脳の病気で職場で倒れ、治療と検査を終えてリハビリ院に入院することに。しかし、記憶力の低下が顕著な上、預金も資産もない状態で……。今後のお父さんの生活のために、生活保護申請をおこなうことにしたエェコさん。その後、期待していなかった申請が通り、なんと支給金を受けられることに! おまけに退院後の施設まで見つかり、本人との面談が設定されました。

入所の説明開始…と思いきや

6日後に迎えた、施設と病院とお父さんとの面接日。医療ソーシャルワーカーさん、生活援護課と介護保険課、施設の関係者・管理者・ケアマネージャーさんなど10名近い人が集まり、生活保護の高齢者を施設に入れるには、これだけの人の手がかかるのだと感謝と申し訳なさでいっぱいのエェコさんは……?

預金資産ゼロの父が倒れた話 100

預金資産ゼロの父が倒れた話 100

預金資産ゼロの父が倒れた話 100

預金資産ゼロの父が倒れた話 100

預金資産ゼロの父が倒れた話 100

預金資産ゼロの父が倒れた話 100

預金資産ゼロの父が倒れた話 100

預金資産ゼロの父が倒れた話 100


こんなに大勢集まっていただき恐縮だったのですが、感染症の拡散防止のため、父に直接関係ある「施設の説明&入所承諾の可否」をする方3名と私が、入院中の病院で面談することになりました。

すったもんだの一方で、父本人への説明についてすっかり忘れていた私。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.