くらし情報『「生活保護とは言えない…」プライドの高い父を苦しませたくなくて #預金資産ゼロの父が倒れた話 102』

2023年10月31日 09:10

「生活保護とは言えない…」プライドの高い父を苦しませたくなくて #預金資産ゼロの父が倒れた話 102

2児の母でありヲタクであるエェコさんによる、お父さんが倒れたときの話を描いたマンガを紹介します。

エェコさんのお父さんは脳の病気で職場で倒れ、治療と検査を終えてリハビリ院に入院することに。しかし、記憶力の低下が顕著な上、預金も資産もない状態で……。今後のお父さんの生活のために生活保護申請をおこなうと、意外なことになんと支給金を受けられることに! おまけに退院後の施設まで見つかり、本人との面談が設定されました。お父さんに入所のことを説明していなかったエェコさんは、了承をもらうにはどうすれば……と焦ります。

父の説得を試みる!

お父さんを呼びに行ってもらっている間、説明を受けるエェコさん。生活援護課が見つけてくれた施設は自宅から電車で30分ほどの立地で大変便利。敷金や利用料などの必要経費は生活保護と年金でまかなえるため、エェコさんやお父さんが負担する必要はないとのことで、ひと安心したのですが……?

預金資産ゼロの父が倒れた話 102

預金資産ゼロの父が倒れた話 102

預金資産ゼロの父が倒れた話 102

預金資産ゼロの父が倒れた話 102

預金資産ゼロの父が倒れた話 102

預金資産ゼロの父が倒れた話 102

預金資産ゼロの父が倒れた話 102

預金資産ゼロの父が倒れた話 102


さて、面談の場に父が到着です。このリハビリ病院へ入院したことも覚えていない父。驚かせないため、まずは私から順を追って説明しました。脳へのダメージがあってひとり暮らしはできないこと、共同生活をする場所を見つけてもらったこと、サポートが24時間万全で安心なこと……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.