くらし情報『軽く転んだだけの父が起き上がれない!?とっさの判断が命を救うきっかけに【体験談】』

軽く転んだだけの父が起き上がれない!?とっさの判断が命を救うきっかけに【体験談】

軽く転んだだけの父が起き上がれない!?とっさの判断が命を救うきっかけに【体験談】


ある日の朝、リビングで母と話をしていました。すると、膝を擦りむいた父親がやって来て……。このときの父親の様子に異変を感じたときのお話です。

転んだだけの父が起き上がれなくなり…

私の父親は「家の前で転んだ」と言って、たしかに膝を擦りむいていました。しかし、父はそこから起き上がれなくなりました。

以前、祖父がいきなり体が動かなくなり、脳梗塞と診断されたことがあるので、「もしかして今回もそうかも!?」と思い、すぐ救急車を呼びました。母を救急車に乗せて、私は家で待機することに。


あと少し発見が遅かったら…

その後、病院に付き添った母から状況を聞くと、父はかなり大きな脳梗塞を起こしていたようです。「あと1時間くらい発見が遅れていたら、危なかった」とのことでした。幸い命に別状はなく、少しの記憶障害と判断力の低下が残っただけでした。

まとめ

何事にも言えることかもしれませんが、やはり早期発見は大切だなと思いました。幸い父は、体への後遺症がなかったのでよかったものの、脳梗塞は本当にいきなり発症するものなのだと身をもって経験した出来事でした。(40代女性)

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.